失うものはない

子供の頃は心配性で慎重な性格でしたが、今の自分はリスクに無頓着です。このご時勢に借金をして旅館を買うなど冷静さとはまるで無縁です。50歳を過ぎてからエクストリーム系スポーツのトレイルランニングにはまるのも、以前の自分とは別人です。分別を欠く行動の背景にあるのは老いへの抗いだと思います。人生の残り時間を意識すると、その恐怖を消してくれるのは前に進む生き方です。人生で一度は見たいものは、世界の絶景や秘境ではなく、自分でビジネスをすることの先にある景色です。以前怖れていたほど失うものはないと思います。所詮われわれが見ている世界は脳が作り出した幻想なのですから。

Translate »