復讐する快楽

昨日は以前の勤務先に行きました。通い慣れた場所なのに境遇が変わると景色まで違って見えます。3回の転職で14年、2年、14年、8ヶ月と4つの会社で働きましたが、不思議と勤続年数の短い2社の記憶が鮮明で自分自身を成長させてくれたと思います。ぼくが生き方を変えたのは海外不動産投資で失敗した時からです。借金こそしませんでしたが蓄えの大半を失い金に目がくらんだ自分の愚かさを呪いました。自分らしく生きるためには経済的手段の確立が必要だと思い込んでいたのです。当時は働かないで暮らせる人生が理想でした。大きな勘違いは自分らしさの捉え方にあります。その時の自分らしさは働かないという快楽を基盤にしていました。快楽を求める限りもうひとつの生き方である自己の成長はありません。人は快適な環境ではそこに留まり成長することができないからです。致命的なもうひとつの誤解は仕事を不快な義務だと思っていたことです。仕事こそ自分を成長させる最高の舞台であることに気づいたのは比較的最近のことです。

Translate »