複業の効用

今週から日本工学院の後期授業が始まりました。変化する今の時代を伝えたいので自分も勉強をします。スポーツが種目によって使う筋肉が違うように、同じ部位ばかり使っていると脳も疲労します。コンサルタントの仕事は異なるクライアントのプロジェクトが同時並行するので飽きないのですが、それでも15年間立教大学で教えていた時間は良い息抜きでした。いまや趣味になりつつある旅館経営も含めれば3つの仕事をかけもちする環境は脳にとって快適です。副業解禁の流れが加速するのも、こうした脳の使い方が生産性を高めるアクティブレストになるとの認識が広がっているからだと思います。複業こそがシェアリングエコノミーの本丸であり、人手不足の解消にもなります。毎朝同じ場所に通勤して同じ仕事をするなんて考えられない、という意見が自分のまわりでは普通になりつつあります。

Translate »