総花的な働き方改革

今朝は雨の高尾山に行きました。雨天はトレイルランナーにとって好都合です。ハイカーのいない森で雨音に癒され、すべる路面を走る練習ができます。高尾山の山頂に着く頃には全身に血流が行き渡り頭も冴えてきます。オフィスにフィットネス設備を持つ企業も増えていますが、朝一番の運動と知的生産性の相関を示すエビデンスが以前からありながら、この考え方を積極的に導入する企業は皆無です。単位あたり生産性で欧米の6割とされる先進国最低の生産性に無頓着な企業が多いのは奇異に見えます。働き方改革や健康経営は本来生産性に直結する議論なのに、分離されることに不自然さを感じます。政治主導の議論はいつも総花的で成果もあげてこなかったと思います。

Translate »