彷徨う発展概念

歌は人間の持つ不思議な能力を証明します。小学校の修学旅行で行った会津若松でバスガイドさんが歌った白虎隊の歌の歌詞を今でも四番まで覚えています。施設にいる父親に会いに行くと膨大な曲をファイルした歌集があります。父親世代の曲を自分の世代が聞くことはありませんが、不思議なことにぼくが高校生の頃に聞いたユーミンやさらに古いカーペンターズを高校生の娘が今頃普通に聞きます。西洋文明発展の基盤には未来志向型の時間的展望があったと思います。経済成長期には時代の空気である昔の曲は捨て去る過去の象徴でしたが、現代は発展という概念が方向感を失った時代なのかもしれません。写真は昨年2月に訪れた白虎隊終焉の地飯盛山です。

Translate »