日常の偉大さ

関西と北海道を襲った災害は都市生活のもろさを露見します。東京でも先日の強風で電車が止まり多くの人が狭い車内などに足止めされました。普段は気にも留めない日常生活の偉大さをこんなときに改めて感じます。いま自分が使っている電気も照明も空調も水も食べ物も全てが偉大な贈り物であることを忘れてしまいます。無駄な消費をして、乱暴に食べて、さらなる快楽を人は求めようとします。失ったときにその偉大さに気づくのに、人は当たり前の日常に満足しない過ちを繰り返します。体を壊すまで誤った生活習慣を正そうとしない現代の生活が社会保障費を跳ね上げていると思います。自然のなかでの活動は、人がより少ないもので生きていけることを教えてくれます。

Translate »