サラリーマンの収支

昨日の朝は砧公園まで往復10kmほどジョギングをしました。山とは違い空気が悪く単調な道を走ることは苦痛です。砧公園は都会のオアシスで東名高速と環状八号線に囲まれていると思えない安らぎの場所です。サラリーマン生活を止めたのは2年前の今月末ですが遠い昔に思えます。30代の頃から会社で働くことに違和感を覚えながら退職を躊躇させたのは、仕事に恵まれ待遇も悪くなかったからです。しかしここには盲点があって、所与のものとして給料をもらっていると支出の管理が甘くなります。サラリーマンが課税を逃れることができないのに対して、会社経費が使え実質的な可処分所得は以前とあまり変わらないことに最近気づきました。

Translate »