違和感のある未来

昨日はフィアットを定期点検に出しました。4年で8万km以上走るのは過去最速のペースです。この2年は福島と東京を往復しているために年間3万km走ったことになります。納車以来の燃費が19km/Lの1.2Lディーゼルは二拠点居住の最良の友です。以前は車そのものが好きでしたが、今は運転が好きです。運転を楽しむならスポーツのような身体感覚が残る小さい車に限ります。いかにも乗せられている大きな車や、運転していることを忘れるほど快適な車、生体リズムと相容れない別世界の速さの車には興味がわきません。自分の体より大きな車を動かし、人間の身体能力を遥かに超える速度で走行できることに興奮し人は攻撃性を高めると言われます。一昨日銀座で見た日産のコンセプトカーは未来を感じさせるものの、運転の楽しさから遠ざかっているように見えます。

Translate »