その人を知る手がかり

日本工学院の前期の成績をつけました。少人数の3年生以外の1、2年生88名の成績をつける際の手がかりは毎回提出する授業の感想とレポートです。期末にもレポートを書いてもらい全てに目を通しますが、コピペ時代のレポートの評価は厄介です。見るのは授業から気づきを得て自分なりに消化しようとした思考の痕跡です。自分の考えを毎回書く人もいますが、多くの学生はムラがありそれは授業への評価なのだと思います。「できない生徒など存在しない。存在するのはできない教師だけだ。」というピーター・ドラッカーの言葉を思い出します。

Translate »