生きる価値を確認する旅

2年に一度の国内トレイルレースの最高峰Trans Japan Alps Race (TJAR)が今日の午前0時に富山県をスタートしました。北・中央・南アルプスの日本の屋根を縦断して太平洋に至る415km、累積標高27,000mは、100マイルレースが普及しつつあるトレラン界においても別格の過酷さです。完走するだけでも想像を絶するのに、このレースを4連覇し今年は食糧を背負い無補給で挑む望月選手に至っては超人的です。トレイルレースは旅にたとえられます。「一生に一度は行きたい」といった類の観光地を巡る旅はどれも事前情報の確認行為であって人生が変わることなどありません。しかしバックパックにすべてを詰め込み自分の足で日本を縦断するレースは、人生の生きる価値を確認する旅なのだと思います。

Translate »