同じ場所に行きたがる日本人

昨日は秘境として知られる檜枝岐村にある会津駒ケ岳(2,133m)に登りました。会津駒ヶ岳から中門岳へと続く雪渓の残る高層湿原の美しさが印象的な山です。福島に来るまでは縁のない山でしたが、東京から出ても登山口までは4時間ほどと遠くはありません。スピードハイクなら往復しても正味3時間と気楽に登れ、尾瀬を凌ぐ美しさながら木道が渋滞することもありません。「夏の思い出」の影響力もあって、尾瀬はマーケティングで成功した観光地の最右翼でしょう。自然を感じることができない混む山はそもそも評価外で、尾瀬は一度行ったきりです。人と同じ場所に行きたがる日本人は不思議です。

Translate »