建前重視が生産性を削ぐ

今日は午前中に娘の高校の保護者会に行きました。自分の頃は父兄会と言っていましたが、この表現には当時から違和感がありました。先生と言えば世間知らずで話がつまらないと相場が決まっていたのですが、現代の教員は話がおもしろく、内容も子を持つ親としてだけでなく社会を知る上でも役に立ちます。どうでもいい話を延々とすることもなく、内容は簡潔で親が知りたいことを的確に話して短時間で終わります。先月出た理事長の懇話会もそうですが、積極的に行事に出たいと思える清々しさがあります。それは教員も生徒もお互いが建前なしに真剣に向き合っているからでしょう。建前重視の日本の企業組織が先進七カ国最低の生産性と言われるゆえんは、職場の人間関係の悪さが理由のひとつだと思います。

Translate »