利権に支配された医学界

引越しをして環境が変わったためか風邪をひきました。昔は医者で薬をもらいましたが、この数年は医者に行くことがなくなりました。たいていの不調は、食事をせずに安静にしていれば自然に治癒します。医者に行かなくなって分かったのは薬を飲んでも飲まなくても同じように治るということです。薬で治ったと思っていたのは自然治癒の力だったのです。ヒポクラテスの時代から自然治癒力が指摘されながら、巨大利権に支配された西洋医学は医学界の常識をでっちあげ、長い間自然治癒力の存在を隠し続けてきたと言えます。

Translate »