誰もが考えるケーススタディ

昨日、田園都市線に乗ったドアの前が、期せずして全国区の知名度となってしまった日大の危機管理学部の広告看板でした。先日の学長と文部科学省との面会でも、文科省側は日大のガバナンスの不明確さに苦言を呈していましたが、この学部に起死回生の秘策はあるのでしょうか。電車に乗っていると人の会話が自然と耳に入ります。先日も背後で新入社員と思しき4人が会社で受けた研修の話をしていました。上司から理不尽な指示を受けたときにどのように対処すべきか、というどこかで聞いた話です。ぼくも授業で同じ話をしており、誰しも考えつきそうなケーススタディです。会社から離れて1年10ヶ月が過ぎますが、会社内の話を聞いていると、どこか別世界の話のように聞こえます。

Translate »