今日やることは本当にやりたいこと?

アジア諸国において日本人は、老いへの恐怖がとくに強いという調査結果があります。そうした背景が長寿世界一に関係するかは分かりませんが、重要なのは寿命の長さより質です。人生が無限であれば退屈して死にたくなるでしょう。人生の質を担保するものは「生きる意味」だと思います。

「何のために生きるのか?」と以前なら考えました。しかし個人事業者になり自分のやりたいことが形になれば「生きる目的」は明確です。「今日が人生最後の日だとしたら」で始まるスティーブ・ジョブズが遺した言葉に多くの人が魅かれるのは、人生に意義を見出したいからだと思います。人生に残された時間が少なくなれば、「今日やることは本当にやりたいことだろうか?」と自問をするようになります。終身雇用という社会保障システムの最大の弊害は無目的に惰性で生きる人を増やすことだと思います。自宅の近所の公園はすっかり春の風情です。

Translate »