料理は自己表現

夏休みを利用して宿の掃除を手伝ってくれた以前の会社の先輩が次の目的地に移動し、ラブラドールと二人だけの日常に戻りました。掃除をして買い物をして日が傾けば焚火をしながらパエリアを作る日々です。新甲子温泉は火が恋しい季節になりました。夕方パエリアを作りながら炎を眺めていると懐かしく暖かい気持ちになります。暑かった東京の夏が少し恋しくもあり、人間は贅沢なものです。

毎晩パエリアを作っているので、コツがつかめてきました。レシピ通りやってうまく行かない場合、ぼくはレシピにとらわれずに色々なパターンを試します。基本的には水分量、火加減、時間の三要素を入れ替えています。武道などで言う守破離です。ぼくはレシピのルールに縛られるのではなく、料理は独創的かつ自己表現の場であるべきだと思います。

人生も同じです。だれかが書いたシナリオの上をトレースするだけの予定調和の人生は幸せにはつながらないと思います。

今朝は宿の玄関に沢ガニが入り込んでいました。阿武隈源流からは標高差が80mほどありますので不思議です。

Translate »