ついに遭遇!!

朝起きるのは決まって4時頃なのですが、今朝は珍しく5時になって日がさし込むまで目を覚ましませんでした。体には気だるい疲労感が残っています。わずか一日東京で仕事らしきことをしただけなのですが、都会生活はそれだけ体に負担がかかるのでしょうか。こちらの若い人と話しても東京に行っても疲れるから泊まらないで帰るという話を聞きます。

春真っ盛りの東京から新甲子温泉に昨日戻りましたが、東京に行っても花粉症の症状は全く出ません。花粉症歴30年で去年までは肋骨が折れそうなくしゃみをしていたので、そう簡単に治るとは思えません。考えられる理由は標高800メートルの広葉樹林帯に住んでいることでしょうけど、都会でのサラリーマン生活を止めたことも無視できない理由だと思います。花粉症がない春が来るならどんなに素晴らしいだろうと夢見ていましたが、いとも簡単に実現しました。鼻づまりもないので夜もぐっすり眠れます。

今朝は快晴ながら氷点下の寒さで温泉の横には氷柱ができています。浴室の清掃をするために循環バルブを閉めにボイラ室に行くと、100kg以上をあろうかと思われる巨体のイノシシが文字通り地響きを立てて阿武隈源流の谷に向かって駆け降りて行きました。これほど大きな野生動物が建物のすぐ横まで来るのは驚きです。写真はイノシシがいた今朝の温泉浴室の前です。那須連山はまだ冬山のままです。

Translate »