驚異的な体感温度計

今朝の新甲子温泉は雪で、スノーシューが十分に使える10cmほどの積雪です。温泉からの眺めは、オイルのなかを砂が落ちる、土産物で売られる瓶のような光景です。

昨日も夕方に那須湯本温泉の鹿の湯に行きました。7世紀前半の開湯と言われる那須温泉元湯は天平10年(738年)の正倉院文書に記録が残る古い湯治場です。ひしゃくで100~300回後頭部に湯をかけるかぶり湯は、薬分を吸収して入浴後のめまいを防げるといい、ひしゃくを持参する人もいます。

一昨日は41度、43度の浴槽にしか浸かりませんでしたが、昨日は46度、48度の浴槽に入りました。那須の別荘などからほぼ毎日のように来ているという常連が固める高温浴槽は、低温火傷の危険性があり、浴槽への出入りで波を立てないように同時に入り、同時に出ます。頻繁に係の人が湯温を計るのですが、毎日入っている常連は驚異的な正確さで湯温を当てます。48度の浴槽は、47.3度と言っていたら、実際に計ってみると47.2度でした。

48度の浴槽は3分程度の入浴が一般的で、へそまで1分、胸まで1分、肩まで1分と分割すると体への負担が軽減されます。

Translate »