同じ村なのに花粉症が出ない

今日は消防署に消防計画、防火管理者選任、消防訓練計画などの書類を提出するために早朝東京を出て新甲子温泉に戻りました。5時半頃の環状七号線はスムーズに流れているのですが、私の車の二台後ろにマークXの覆面パトカーがいて少し早めに気づいた私は難を逃れたのですが、後ろを走っていた車が捕まってしまいました。いつも善良そうなドライバーばかりが餌食になるのは気のせいでしょうか。

娘の卒業式などで2日ほど東京にいたせいで花粉症が本格的に始まりました。それでも例年よりはかなり症状は軽いです。同じ西郷村でも標高400mほどの消防署のある付近では症状が出る花粉症も、宿のある標高800mほどの地点まで来ると症状がかなり緩和して楽になります。

今回は東京からラブラドールを連れてきました。言葉は分からないのに真剣なまなざしで目を見つめて人の話しを聞いてくれる良き相談相手です。

Translate »