45年前にタイムスリップ

今朝の気温も氷点下3.5度です。無風なので寒くありませんが、昨夜はまとまった積雪があり一晩で銀世界に舞い戻りました。先週末の南会津のスノーシューはわずか2時間ほどのコースだったのですが、スノーランの楽しさに目覚めてしまい今朝も阿武隈源流をスノーシューで歩きました。真っ白なウサギがあっと言う前に視界から消え、森のなかでは姿形と歩き方は日本カモシカなのですが、猿ほどの大きさしかない不思議な動物を見ました。林道には蹄のような深い足跡がありますし、南会津では人里まで日本カモシカが来るようなのでそうなのかもしれません。野鳥の数も目立って増えて、動物たちも春を感じているようです。

昨日はフロントの清掃をしたついでに古い書類の整理をしました。1972年5月の、当時は「ホテル甲雲」と称していた時代の増築工事に際して書かれたバーのパースが見つかりました。昨年末まで倉庫となっていたこの部屋にはパースにある、昭和の時代を感じさせるバーカウンターが今も残っています。この部屋は那須連山の眺めがよく温泉浴場に隣接していることから、いずれは露天風呂でも作りたいと考えています。

興味深かったのは新甲子温泉の阿武隈川の渓谷沿いに、12軒の旅館が軒を連ねていた温泉街の配置図が見つかったことです。当時を知る地元の人から断片的に聞く今はなき旅館の名称と場所が分かり興味深いです。現在ではフジヤホテルを含めてわずかに4軒の旅館が残るだけになってしまいました。

Translate »