15分で世界が変わる不思議な感覚

買い物ついでに、白河三大観光地のひとつ南湖公園に寄りました。南湖のほとりには写真のケーキ店や、左奥の白い建物にはカフェがあります。この建物は明治16年に西白河郡役所として建てられたものです。シーズン中は人で賑わうのでしょうけど、個人的には今の季節のひっそりとした寂れた佇まいに魅力を感じます。

いつも立ち寄るのが白河市立図書館です。この近代的な図書館には、WiFiが使える洒落たカフェもあり、白河で一番気に入っている場所です。このカフェで、借りた本で料理研究をしています。

今日もホテルの改修工事が進んでいます。市街地から上がって来る職人さんが異口同音に言うのは、「ここは気候が違う」ということです。暖かな日差しの入る図書館の洗練されたカフェにいると、ここからわずか15分で雪に閉ざされた別世界が広がるということは想像が難しく、いつも不思議な感覚にとらわれます。

Translate »