紀元二千六百八十年の悪夢?

紀元二千六百年に行われるはずだった幻の年東京オリンピックから80年、一番恐れているシナリオに世界は動き始めたようです。ロンドン市長選の現職も対抗馬もオリンピックの経験とインフラを持つロンドンへの誘致を公言し始めました。中国に忖度する日本のリスク管理体制に欧米メディアが疑問を呈した段階で、日本はその伏線に気づくべきだったのかもしれません。歩調を合わせるように米国疾病予防管理センター(CDC)もクルーズ船の中途半端な隔離を批判し中国同等のリスクと警告します。福島原発事故対応のトラウマを欧米メディアは呼び起覚まします。すでに米軍は日本渡航禁止令を敷いていると伝えられIOCがWHOと協議を始めています。数万人が同一空間に密集する世紀のスポーツイベントに万全を期すべきなのは当然です。消費増税でメッキの剥がれたアベノミクスが頼れるのは中国発インバウンドだけですが、間の悪いことに最後の藁となり日本は中国と心中しかねません。楽観は禁物ですがおそらくあと半月もすれば人々は冷静さを取り戻すと思いますが政治は火事場泥棒のように何でも利用するのでしょう。

Translate »