予防接種の嘘

寒くなり始めるとインフルエンザの流行が懸念され予防接種を呼びかける声を聞きます。会社によっては半強制的に予防接種を受けさせるようですが、自分は10年以上行っていません。発症することはありませんし、逆に予防接種をしていて感染した人の話を聞きます。インフルエンザワクチンの効果に疑問を呈する声は専門家のなかにもあります。記憶に新しいところでは子宮頸がんワクチンによる薬害が深刻な被害をもたらしました。ワクチン接種を法律で義務化したテキサス州では知事が製薬会社から多額の献金をもらい、ワクチンが逆に子宮頸がん発生リスクを44.6%も増加させていたとのアメリカ食品医薬品局の内部文書が暴露されたこともあります。産学による医薬品データ不正事件は後を絶ちません。血友病患者の4割をHIV感染させた薬害エイズ事件で中心的役割を果たした大手医薬品メーカーのミドリ十字の創立時の幹部は元731部隊です。戦争のための細菌兵器と医療が混然一体となった医産複合体は病人を増やすことで肥大化しました。中世ヨーロッパ以降近代まで信じられていた人体の血液を抜く治療法の瀉血と同じように、ワクチンには医学的根拠がないことがいずれ証明されるはずです。国を超えた大きな嘘に人々は気づきません。予防接種は後々様々な後遺症を発症させることで医療市場を潤わせることになるのでしょう。

Translate »