不健康のスパイラル

天の邪鬼ではないのですが、感じていることと真実の世界は実は違うのではないか?と空想します。この思考習慣があると自分が現実世界と認識する知覚や常識が歪んでいて、真実はそことは別の所にあることに気づきます。糖質制限で体重を20kg落としたことを契機に、味覚が大きく変わりました。グルコーススパイクが起きにくくなったことによる影響だと思うのですが、それまで感じていた味覚のかなりの部分は糖を欲する脳の報酬回路により増幅されていたことが分かります。以来食欲を無条件に受け入れることがなくなり、無性に何かを食べたいという衝動が起きなくなりました。エネルギーの最大消費臓器である脳は簡単に依存や中毒症状を起こし、人が感じる食欲のかなりの部分を支配します。何が美味しいといった世間に溢れるグルメ情報さえ今はノイズに思えます。お腹が空いたというのは錯覚で、人は食べるほどに食べたくなり、持つほどに欲しくなります。自制の効かない感覚の麻痺が人を不健康のスパイラルに陥れると思います。

Translate »