戦争責任の帰趨

昨日は靖国神社に寄りました。靖国神社に来る日はいつも快晴ですが、ここを特別な場所にしているのは参拝者が作り出す独特の雰囲気だと思います。インバウンドであふれる明治神宮とは異なり、白百合学園の関係者なのか申し合わせたような濃紺スーツの女性が集まり、戦中世代の白髪の男性が深々と頭を下げて境内に入って行く空気は、日本人から見ても特別な場所です。決して広大ではない神社の裏手には都心とはにわかには信じがたい、巨木の森があり英霊が帰るにふさわしい厳かさがあります。遊就館の零戦のエンジンは今にも息を吹き返しそうで、戦争を遠い記憶にしてはいけないことを戒めているようです。戦犯合祀が外交問題になりますが、ヒトラーのような個人に戦争責任を押し付けられない日本固有の問題なのかもしれません。

Translate »