脳の癖を戒める複業

人は複数の職業で生きるべきであり、複業やパラレルワークという言葉が一般化する昨今の流れは自然だと思います。コンサルタントと教員の仕事は似ているようで脳を使う場所が違うのか普段とは異なる疲れを感じます。仕事が一つだといつしか脳はそのパターンを学習し、ルーチンに陥ります。コンサルタントの思考は考えうる選択肢から答えを見つける収束思考です。一方で教員に必要な資質は学生一人ひとりに可能性を感じられる拡散思考だと思います。人は思い込みの生き物ですから過去の経験から思考の枠を作り目の前の人を判断し、無自覚にレッテルを貼ります。こうした脳の認知機能は生存本能ですが、同時に人間関係をこじれさせる原因です。複数の仕事は脳の癖を戒めバランスを保たせてくれると思います。

Translate »