不公正な偏り

急速な景気減速が懸念される韓国ですが、朝3時には向かいのホテルの2割程の部屋の明かりが灯り、前の10車線道路は夜中も車の流れが途絶えることはなく今の日本に欠ける躍動を感じます。昨日は戦前日本が建てた歴史建造物の旧朝鮮銀行(貨幣金融博物館)で渋沢栄一の紙幣を見ました。戦争記念館での竹島の展示が一等地なのに対して、韓国最初の紙幣にしては地味な扱いです(後方3列)。市内を走る車は現代などの国産車が大半なのに、交通取締りで捕まっているのはいつもアウディやランドローバーなどの外車ばかりです。それも十分あり得ると思わせてしまうのはこの国に不公正な偏りを感じるからです。

Translate »