大スターの予感?

西暦への変換の膨大な手間とコストを考えるとき元号には否定的です。一方で時代を象徴する記号には時代の空気を変える力があると思います。令和というなんともノスタルジックな響きの248番目の元号は平成を聞いたときほどの違和感はありません。自分の名前を人に説明するときに昭和の和と言っていたのをそのまま令和にも使えて便利です。世界最長期間使用された元号である昭和の時代に成人し、人生の半分以上を平成が占めながら平成は顔のない時代です。明治が文明開化と近代国家の形成、昭和が列強入りと敗戦からの経済成長という大スターなら、大正と平成は地味な脇役です。時代錯誤的でどこか古風な響きに、時代の空気を変え世の中を革新する大スターの予感がします。

Translate »