平穏な悪夢

二十世紀の人類は40年の寿命を70年に倍増させその勢いは止まりません。かつては70代で亡くなる日本人は寿命とみなされましたが、今なら早すぎると思われます。人生100年時代を目前に80代の現役が普通になると、55歳かせいぜい60歳で引退してすぐに死ぬという時代とは人生の尺度が異なるはずです。勤勉なはずの日本人の生産性が低い理由は様々ですが、日本人の長寿と関係していると思います。リスクを取って生き急ぐ必要がないほど人生が長くなったのかもしれません。追い立てられるように生きる人生が苦痛なら、リスクを取らない平穏な生活も気力なく無為に過ごす悪夢です。せっかくの長い人生にリスクをとるなんて馬鹿げていると思うか、長い人生だからやり直そうと考えるかが生き方を分けると思います。

Translate »