医療信仰が生んだ過剰医療

世田谷区から胃がん検診のお知らせがきました。検診のデメリットを表記していることに好感が持てます。高齢化が進めばかなりの人ががんになりますので、検査そのものにリスクがあり、過剰医療を招く検診をどのように受けるかの判断には医療リテラシーが求められます。昔は有名病院や名医に知り合いがいることがお金持ちのステイタスでしたが、こうした医療の盲信が過剰医療を招き、この30年間に関していえば、がん治療を全くしなかった場合の平均余命の方が長かったはずです。インフルエンザの予防接種にしてもあらゆる検診にしても何の知識も持たず、ただ言われるままに受診する日本人は今でも少なくありません。過剰医療を生んだのは自分の身体を人任せにする医療信仰にほかなりません。

Translate »