幸福と成功は仕事から

気の遠くなるような30年のモラトリアムを経て個人事業者になったのは、毎日同じ満員電車で会社を往復する生活の言い知れぬ恐怖から逃れるためです。リタイアして通勤電車に乗る必要までなくなれば、さらに単調な毎日が始まります。人は退屈な生活を変えるためにお金を払ってレジャーに勤しみます。しかし、自らが事業者になれば単調な生活などありません。昔から仕事は嫌いではありませんが、個人事業者になるとより好きになります。交友関係が変わったためか最近は「仕事が好き」と公言する人が多いと感じます。より正確に言うなら仕事と意識することなく人生と融合しています。プラスもマイナスも含めて人生に彩りを添えてくれるのは、仕事をおいて他にないと思います。仕事を人生と一体化させることこそ、幸福と成功の近道だと思います。

Translate »