レジャーの新しい形

昨日は本栖湖周辺の登山道整備ボランティアに参加しました。夕食のしし鍋、鹿ステーキのジビエ料理と、翌日の本栖湖カヌーツアーが行く気になった理由です。しかし動機が不純であってもトレイル整備に汗を流すことが重要です。このようなボランティア活動を広げていくためには企画の魅力が必要だと思います。全額自己負担で遊びに行くより、一部自己負担で半分ボランティアをする方が充実した週末になります。楽しさの要素を組み合わせるボランティア活動はレジャーの新しい形態になり得ると思います。カヌーツアーでは、妻のカヌーが近づくとラブラドールは乗り移りたいのか、本栖湖で泳ぎたいのか、興奮して暴れ転覆の恐怖を味わいました。

Translate »