仕事をする休日

社会人の夏休みははかなく終わります。何日も前から予定を入れ、天気に気をもみ、職場に気を使い、高い旅行代金と人混みや渋滞を甘受しなくてはなりません。昔は欧米的な長期のバケーションに憧れましたが、それも今の自分の感覚とは違います。仕事と生きがいが重なり翌日の朝が待ち遠しい日常が理想です。ワークライフを分離する働き方改革はうまくいかないと思います。人間の身体はサーカディアンリズムで動いており、自律神経優位のオンだけ、副交感神経優位のオフだけの生活が身体に良いとは思えません。塩見岳に登りTJARのルートを辿る山行が夏休みのハイライトですが、わずかな時間でも仕事をする休日を心地よく感じます。

Translate »