夏場のスポーツのあり方

日が落ちると20度を切る新甲子温泉で過ごし、昨夜は熱中症で立つのもやっとだったラブラドールは元気を取り戻しました。念のため動物病院に預け経過観察をしてもらいます。平ヶ岳からの最後の数kmの下山道を倒れながらも必死について来てくれたこと、清流で体を十分に冷やせたこと、清流から駐車場までがわずか数百mだったことなど幸運が重なり事なきを得ました。日が昇りきらない早朝に出発すれば、後半は下りだから大丈夫と熱中症リスクを過小評価していました。毛皮を着て、発汗による冷却ができず、地表温度をまともに受けてしまう犬に対する見積もりの甘さは否めません。もはや人が健全な生活を送れない暑さの日本では、オリンピックへの心配もさることながら、夏場のスポーツのあり方を見直す必要があると思います。

Translate »