コンサルタントの職業病

昨日は日本工学院の授業でレジリエンスの話をしていて、学生にこれまでの人生経験におけるP/N比(ポジティブ:ネガティブ)をたずねたところ7:3か8:2だと言います。精神的復元力を高めるためのP/N比の臨界点はマルシャル・ロサダの研究では2.9013:1になるそうですが、このクラスの学生のレジリエンスは高そうです。ぼくのP/N比はこれよりはるかに低く、その原因はキャリアの過半を占めるコンサルタントという職業が、問題を見つけるように脳のフィルターが習慣づけられていることと無縁ではないと思います。

Translate »