旅するように暮らす

今回引越しをしたのは元の家から直線ならわずか500mほどの距離で生活圏がかぶっている場所ですが、まるで見知らぬ街に来たかのように新鮮です。気分的な問題ですけど、これまで入らなかった店に入ってみたり、小さな発見がたくさんあり、朝夕のラブラドールとの散歩も新鮮な刺激に溢れています。毎年のように引っ越すという人の話を聞きましたが、その気持ちがよく分かります。今の借家は面積が半減していて、断捨離をするのに最適です。シェアリング経済の時代には家を持たずに旅するように暮らすライフスタイルが主流になると思います。移動の自由のないマイホームのために働く自由も奪われていた時代を後世の人はどのように見るのでしょうか。

Translate »