断食は日常習慣

胃の調子が優れず断食を始めて3日になります。ぼくが断食を始めたのは30年ほど前ですが、当時は苦行のようなものと考えていました。自分の内なる声に耳を傾ければ、数日の断食は苦もなくできるようになります。

隣で妻が黄金色に焼けたホットサンドイッチやカレーうどんを食べていると、その視覚情報、嗅覚情報は脳に伝わり食べたいと訴えますが、お腹のあたりにあるもうひとつの脳は食べたくないと主張します。前者は偽りの食欲であり、内なる敵です。過食に走る現代人の多くは、このメカニズムと感覚を理解できません。写真は昨日の朝、駒沢公園までジョギングをしたときに見つけたセブンイレブンのマルシェで、マンゴが4個100円など、傷みがあるにしても魅力的な価格です。

Translate »