ICT時代のパラドックス

昨日は留学中の娘から月に一度の手紙が届きました。丁寧に書かれた手紙を読む機会など久しくありませんでした。待ちわびた手紙を読む喜びや、気持ちを込めて返信するのは懐かしい感覚です。ICTによる便利さは人間的感情を知らぬ間に奪っていると思います。いつも思うのは、パソコンなどの業務のデジタル化が本当に生産性を上げたのか、という疑問です。ぼくが入社した時代のオフィスにはパソコンは70人の事業部に3台でした。他方で一人1台のパソコンがあたりまえの今日においても、世界最高レベルの長時間労働は是正されていません。医療の進歩が生活習慣病に無力なように、ぼくらは何か肝心なことを見落としていると思うのです。

Translate »