地方創生は国を変えるチャンス

娘の留学先の高校のフェイスブックを見ると、動画も含めて3度ほど娘の写った記事が投稿されていました。先月着いた手紙には太ったと書かれていましたが、写真からも顔つきが変わった様子が分かります。

留学先のニュージーランドには10年前に仕事で行き、ニュージーランドの医療制度の本を書いたことがあります。当時保健省などを訪問して話を聞き、国家戦略が非常に明確で日本の手本になると感じました。それはニュージーランドの人口が、都道府県9位の福岡県と10位の静岡県の中間にあたる460万人ほどしかなく小回りがきくからだと思います。昨今話題になる地方創生が有利なのは、小回りの良さだと思います。動きの遅い国に頼らず、県や市町村主導でパイロットスタディができます。そのためには新しい発想を持つ人を積極的に受け入れる工夫が必要だと思います。

Translate »