誰もが健康でいられる世界

1ヶ月後に開催されるUTMF・STYの試走をする妻に同行して、昨日は本栖湖に行きました。肉体の限界ともいえる100マイルもの距離をごく普通のランナーが走る風潮には驚かされます。過酷な競技なのにある種の多幸感を味わえる矛盾は、達成感を得るための前提条件ではなく、脳が欲する本能的欲求と人類進化の結果である人体のメカニズムとの矛盾だと思います。多くのトレイルランナーが動機づけられるように、一般の人が運動を始めることができれば、誰もが健康でいられる世界が訪れると思います。

Translate »