リアリティのある戦争博物館

ハノイは活気にあふれる都市です。朝5時には街が動き始め、通りには香辛料の香りが漂います。その活力の源は生きる必要性だと思います。日本の朝の通勤風景には生命力が感じられません。

昨日はBRTに乗って郊外にある軍の基地に併設されたホーチミントレイル博物館(Ho Chi Minh Trail Museum)に行きました。入場者のいない静かな博物館は、ベトナム戦争時の南ベトナム解放民族戦線への陸上兵站補給路であるホーチミン・ルートに関する世界的にも珍しいロジスティックスを扱った戦争博物館です。戦車などの派手な展示はないものの、より兵士の生活が身近に感じられるリアリティがあります。

ハノイでは衣装を持参して写真を取るカップルや若い女性を随所で見かけます。

Translate »