執着がなくなれば人生は楽になる

今日は確定申告に行き、わずかな源泉徴収税額が還付されます。昨年11月は会社の決算があり、普段無頓着なお金の流れを把握するのに役立ちます。誰しもお金に不自由したくないのですが、お金への執着がなくなれば人生は途端に楽になります。人が背負っているものの多くはお金にかかわるものです。

人は怖れを過大評価する生き物だと言われます。リスクとして怖れているものは幻想で実際には思うほどは悲惨なことは起こりません。30年来慣れ親しんだサラリーマンを辞めるときも散々迷いましたが「案ずるより産むが易し」で、環境に適応できるものです。ぼくの場合は辞める恐怖より、辞めない後悔の方が強かったので今の境遇になりましたが、多くの人は背負っているものが多いので前者が勝るのでしょう。

Translate »