自然のなかでの運動とリラクゼーションが生産性を高める

昨日は会社の決算作業をしました。個人の確定申告はしていましたが、伝票量は桁違いで、支払い口座が複数あり、アマゾンなども使っているので書類整理だけで丸一日を要しました。こんなときは阿武隈源流にいることをありがたく感じます。屋外に出て冷涼な山の空気を胸いっぱいに吸い込むだけで身体が蘇ります。

午前は10時頃、午後は3時頃に自律神経バランスが整うとされていて、この時間をピークに仕事を行うと効率が上がります。労働時間の短縮が叫ばれますが、生産性と労働時間は単純労働の場合は反比例すると思います。一方でクリエイティブクラスと呼ばれる人々のように新しいアイデアを生み出す仕事にはオンとオフを設けずに、どれだけフローな状態を作り出せるかにかかっています。これには自然のなかでの運動と瞑想などによるリラクゼーションが最適だと感じています。

Translate »