出会いこそが宿の価値

今朝の新甲子温泉は快晴で、紅葉の盛りを迎えています。

昨夜は郡山でセミナーがあり、22時過ぎに宿に戻りました。車を降りると満天の星空です。外国映画で見るような空一面に輝く星空で、次の瞬間に何かが起きそうで不安なほどの美しさです。

昨日もそうでしたが、この一年で多くの出会いに恵まれました。以前なら人との出会いは人脈だと考えていましたが、今はめぐり合わせの縁だと考えるようになりました。ぼくがサラリーマン時代にもらった名刺の数は6,000枚前後になります。営業職を経験していませんからこの枚数は多くありません。しかしいくら出会いの機会があっても共振の起こらない人間関係は発展性がありません。

先日、逗子駅前に今月開業したコワーキングスペース「Coworker’s Kitchen」でオーナーと話をしていたとき、たまたまそこに居合わせた人が私の宿に何度か泊まられたそうで、温泉から見た雪景色など思い出深い宿だそうです。この偶然などはめぐり合わせとしか思えません。そんな出会いが起きる宿にしたいものです。

Translate »