哀愁の街道

今日は「うつくしま・みずウオーク2017源流の郷・西郷大会」が宿の周りの阿武隈源流を使って行われます。晴れていれば盛りの紅葉を見られるのですが生憎の天気です。

写真は今週行った会津中街道です。江戸と会津を結ぶ幹線であった会津西街道が水没で通行不能となったため、1695年(元禄8年)に整備された街道です。那須山中の三斗小屋宿から標高1,468mの大峠を経て会津に至る峠越えの難路です。最盛期は参勤交代にも使われたようですが会津西街道が再整備され次第に使われなくなったようです。幕末、会津側の防衛線であった大峠には今も塹壕跡がその山肌に痕跡を残しています。大峠から会津に向かう街道沿いには墓石も多く、この道を歩くと会津敗走の歴史を思い感傷的にさせます。

Translate »