巨樹の博物館

今朝の新甲子温泉付近は気温が3度まで下がったものの日中は暖かい晴天です。今日は午前中会津若松で打ち合わせがあり、日の出前の大内宿に寄ってから東北百名山の小野岳(標高1,383m)に登りました。ブナやミズナラに覆われた静かな山は、大内宿の登山口から距離が5.57km、累積標高が726mあり消費カロリーは335kcalで往復に1時間16分を要しました。広葉樹の森は見慣れていますが、山頂手前の尾根に広がるブナとミズナラの巨樹は圧巻で、さながら巨樹の博物館のようです。

会津若松はむしろ暑く半袖で過ごせます。途中巨岩に建てられた左下り観音堂を見ました。鎌倉時代初期に創建され幾度かの改修を経た木造三層懸造りの建造物は、街中にあれば観光スポットになっていた豪壮な建造物ですが、山中に人知れず建っている風情です。

山に登り日の出前の大内宿や高瀬の大木、神指城跡、向羽黒山城跡など、いずれも人の気配のない早朝の観光地をめぐっても9時の打ち合わせに間に合うのが地方都市ならではです。

Translate »