東京からは遠い魅力的な会津の山々

今朝の新甲子温泉は暖かい日差しが降り注いでいます。昨日は満天の美しい星空を見ながら3時半に宿を出て会津を代表する会津駒ケ岳に行きました。那須連山から遠望する会津駒ケ岳は春最後まで積雪を湛え、中門岳に至る稜線には美しい池塘群が広がります。会津の山は宿から登れる流石、大倉、三倉山もそうですが、やさしいなだらかな稜線が特徴です。

5時半に滝沢登山口から登り始め、会津駒ケ岳から中門岳に行く途中でその美しい稜線を眺めながら休息し9時過ぎに下山しました。この桧枝岐エリアは燧ケ岳や平ケ岳といった東京からはアクセスが困難な魅力的な山への登山口がありますが、宿からなら1時間半ほどでアクセスできます。

Translate »