パエリアのストイックな魅力

今朝の新甲子温泉には青空が戻ってきました。せっかくの晴天なので宿を5時に出てラブラドールと甲子山(1549m)に登りました。山頂は風がありこの季節でも寒いです。甲子山への往復は宿から14.59km、累積標高は900メートル、消費カロリーは882kcalです。ほぼ同じ距離で累積標高の高い赤面山より消費カロリーが多いのは、このルートは距離の半分を舗装路が占めているために登りの負荷が高いからかもしれません。上りは1時間40分、下りは1時間ですので、8時前には宿に戻りました。屋外でも使えるようになったWiFiを使い、青空のもとで仕事をしても汗をかかないで済むなど東京では考えられません。

一昨日薪で試作したバレンシア風パエリアにはすっかり魅了され、昨日も一人でパエリアを作りました。火を見ながらの料理は心が落ち着きます。米料理ですし、オリーブオイルでチキンの出汁を取るという手法もどこか日本の料理に似ています。薪料理の楽しさは状況が刻々と変わるためにリカバリー力が必要なところです。

パエリアはシンプルな調理法でレシピもストイックなほど簡素であり技量の差が現れます。調理のポイントは火加減、水加減、鍋の傾斜を無くして炊きムラをなくすことだと思います。冷めても食べられますし、骨付きチキンの一番美味しい食べ方だと思います。

Translate »