聖地と俗世界をつなぐ

昨日、甲武信岳(標高2,475m)から下山したあと最後にアスファルトの道を3、4km歩いているときラブラドールが足を引きずっていました。見ると肉球が薄くなり血が流れています。現代人なら悲鳴をあげて動けなくなるところですが、ラブラドールは不平ひとつ言わずに平気な顔で人間についてきます。野生動物の生命力は凄いと思います。ジョンJ.レイティとリチャード・マニングが著書「GO WILD 野生の体を取り戻せ!」で主張した「野性的に暮らすすべての動物は人間よりはるかに賢い」という見解は正しいと思います。本来野生動物として設計されているはずの人間も、都市生活で飼い慣らされた結果文明病とよばれる病気や不幸がもたらされたのでしょう。

4、5年前までのぼくはBMIが28を超え、全く運動をしない典型的な生活習慣病患者でした。糖質制限を始めたことでぼくの人生は大きく変わり始めました。体重は数か月で20kg落ち節々の痛みも消え50歳を過ぎて体からあらゆる不調が消え突然運動を始めました。糖質制限は体をスリムにしただけではなく、物欲など地位財への執着が減る心のダイエットもしてくれたのです。必要以上を求めないミニマリズムには昔からどこか魅かれていたのですが、新甲子温泉に来てからは、大自然の中に身を置くことで出逢うことができる、ありのままの自分の身一つで生きていくことこそが理想だとうようになりました。温泉街の最も奥に位置するこの宿は、いわば山という聖地と俗世界をつなぐ結節点にあります。この宿を通じて素の自分に戻れる山や森の魅力を伝えていきたいと思います。阿武隈源流は初夏の風情です。

Translate »