阿武隈源流で禊

今日の新甲子温泉は半袖で過ごすには少し涼しい気候です。昨日は修験の山でもある那須岳で山伏修行の抖擻(とそう)に参加しました。峠の茶屋から、茶臼岳、南月山、朝日岳を経て峠の茶屋に戻るコースはトレイルランニングなら2時間とかからない距離ですが、先達を先頭にたっぷり半日かけて歩く祈りの山旅も良いものです。昨日は抖擻の同行者に宿泊していただきましたが、一部の方は宿にチェックインしたあと、宿の前にあるまだ冷たい阿武隈源流で禊(みそぎ)をしました。真夏のレース後ならアイシングに飛び込みたいところですが、まだ寒い昨日は遠慮しました。

山には胎内と言われる場所があるように、「山から戻ると生まれ変わる」という昨日の先達の言葉は、毎日下山する度に心のおりが洗い流される感覚をもっていたぼくには実感をもって聞くことができます。祈りが健康に及ばす効果が近年注目されるようになり、祈りの山旅は魅力的です。

Translate »